左脳と右脳をバランス良く!

感性を使うと

人生が変化するかも?

 

 

ジル・ボルト・テイラー
という

脳科学者を御存知ですか?

 

この脳科学者

とても興味深い体験をしたんです。

 

今日はそのお話を、

『無意識に繋がる時間』である

マインドフルネス

と絡めながら、お伝えしたいのです

 

 

彼女は、左脳脳卒中を起こしました。

 

左脳の働きが止まった時

不思議なことに、彼女は

とても 幸福な感覚 に満たされたそうです。

 

まるで、

瞑想や悟りの境地で得られるような感覚

 

TEDトークの動画で、

私は彼女が話しているのを見ました。

 

彼女はその状態を

ラ ラ ランドと表現していました。

 

 

 

左脳は常に輪郭線を引いて

個物を対象として切り出し分類します。

自分自身も、全体から切り離された

独立の固体である個人として捉えます。

 

 

逆に彼女が、右脳で感じた世界は・・・

 

自分の身体の境界がなくなり、

流体のように周囲に溶けあっていて、

世界の全体がエネルギーの流れとして

感じられたのだそうです。

 

 

自分もエネルギーとして

その中に織り込まれている。

至福の一体感

 

 

過去も未来もなく今だけがある。

静かで平和で解放された安らぎ、

思いやりの気持ち。

 

本当に興味深いですよね

 

 

もちろん左脳の働きが全くないと

時間の感覚や、

物事の順序がつけられなくなり

日常生活を営めなくなってしまいます。

左脳はとても大事!

 

 

でも・・・常に続いている

左脳のおしゃべりをちょっと止めて

 

右脳で生活することが増えれば

世界はもっと平和になる

 

 

ジル・ボルト・テイラーが

涙ながらに語っているのが

印象的でした。

 

 

マインドフルネス

内面に意識をむけて、

やわらかい眼差し

自分の内側をただ眺めていきます。

 

そうすると

少しずつ頭の中のお喋りも静まり

内面が静かになっていきます。

 

そして

内側の本質的な幸せ

繋がったとき・・

 

そこで感じるのは、

ジル・ボルト・テイラーの感じた

あの ラ ラ ランド なんだと感じます。

 

TEDの動画

とてもおもしろいので是非ご覧下さい!

(何度見ても私は泣いてしまいます)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://digitalcast.jp/v/18436/

 

こちらの本もオススメですよ!

http://04auto.biz/brd/life-art-lesson/001-VOZPvE.download

 

 

マインドフルネスの
セッションってどんな雰囲気?

 

マインドフルネスは

意識がとても静まった状態。

そして、深い気づきのある状態です。

 

もしかすると疲れている時は

『眠くなっちゃう~』という方も

いらっしゃるかもしれませんね。

 

実際のセッションは大丈夫

 

2人でマインドフルネスになって

お話したり、動きや言葉を使って

色々と試しながら探究していくので、

寝てしまう心配はありません。

 

 

姿勢も、座禅のように、きっちり

座らなくてはいけないわけじゃない。

 

ただ・・地面に重さをゆだねて、

背骨がすーっと自然に伸びている方が

マインドフルネスに入り易く、

気づきが深まりやすい。

 

だから一応それをおススメします。

 

マインドフルネスのセッションの様子

 

 

この意識状態で起こる循環は、

あたたかくて、深く、そして

発見に満ちていて、

好奇心をくすぐるものなんです。

 

内面に

静かに繊細に寄り添い

気づきを深めていく時間。

心が震える、大好きな時間なんです。

 

今日も読んでくれて Thank you 

 

体験セッション

>>申し込みフォームはこちら

>>電話から申し込む TEL 090-9629-8122
セッション中でお電話に出られない場合があります。
留守番電話にメッセージを残していただければ、折り返しお電話いたします。

メールマガジン

↓ ボタンをクリック
このホームページの記事を更新したらお知らせします

LINEでも
受け取ってもらえるようになりました

友だち追加