毒親育ちだけど・・
自分の親を毒親って言うの
抵抗ありませんか?

 

以前から気になっていて

やっと読めた本があります。

スーザンフォワードの

『毒になる親』

セラピストやっておきながら、

読むことに抵抗がありすぎた(><)

 

母と離れて暮らすようになって

ようやく手に取れた。

そして読んでみたら、

めちゃめちゃ気づきがあった・・・。

 

この本の冒頭にね、

腕はいいけど、【かんしゃくもち】の

38歳の整形外科医が出てきます。

 

このお医者さん、

怒りっぽい性格が災いして

奥さんに逃げられた!!

 

 

こういうことってありそうですよね・・。

たとえ社会的に成功していても、

家庭内はボロボロ(TT)みたいな・・・ね!

 

 

このお医者さんもそうだけど、

人生がうまくいかず、

なぜそうなるのか、理由がわからず

苦しんでいる人はたくさんいると思います。

 

そして、

この記事を読んで下さっている人は、

その原因として、

幼少期の体験が関係していることに、

もう気づいてるかもしれませんね。

 

そしてここで登場するのが

【毒親】という言葉。

幼少期の体験 = 毒親の影響

 

でも、なんだかとても・・・

抵抗ありませんか?

 

これは【毒親育ちさん】にとって、

大きな関門だと思う。

 

なぜかって?

 

だって・・

自分に害を与える親の問題行動を

しつけの為とか、

子供のために親が犠牲になって

という理由で

棚の上にあげたままでは、

人生がうまくいかないという課題を

解決することは難しい。

 

だって、それを続けることは

親はいいけど自分はダメってことだから。

 

どこかに無理ごまかしがある。

 

そんな自分に対する【不公平】が

【毒親育ちさん】の生き辛さに

繋がっているんだから。

 

ということで、

今日は【毒親】という言葉に抵抗がある

【毒親育ちさん】に

どうやってこのモヤモヤを解消するのか

ヒントになればと思って記事を書きますね。

 

私の思う一番のポイント

毒親の
【行動】と【存在】をわけること!

親の存在に対する愛

責めたり、否定できるものじゃないもの

 

毒親

 =愛しているけど、困った行動をする人

 

もしかしたら、読者さんによっては

毒親

 =愛したかったけど無理だった人

かもしれない。

 

毒親の問題行動が

危険を及ぼしすぎるから、

自分を守るために距離を取らざるを得ない。

冒頭の整形外科医の奥さんのように・・

 

 毒親育ちさんが知っておくべきポイント

ポイント1
子供時代に学んだやり方が、
無意識的な
パターンを作っている

そう・・・

無意識的なパターン】なんですよね。

考えてどうするという、レベルを超えてる。

 

だから、そのパターンを変えようと

思い詰めたって仕方がないんです。

無意識だから。

 

ちなみにマインドフルネスのセッションは、

この解決にとても効果的ですよ!

 

ポイント2
子供時代から、抱え込んできた
感情が邪魔をしている

 

~~~以下『毒になる親』から引用~~~

私たちはだれでも、子供の時に親から心に
【感情の種】を植えられる。

そしてその「種」は、私たちが成長すると
ともに芽を出して育っていきます。

ある親子にとっては、
「愛情」「他人を尊重する心」「独立心」
などに成長する「種」ですが・・・

そうでない多くの家庭においては
「恐れる心」「不安感」
「過剰で不必要な義務感」「罪悪感」
「いくらやっても不十分な気分」などに
成長する種なのです。

~~~~~~~ここまで~~~~~~~~

 

 

この「種」を抱えて、小さい頃から

私たちの中で頑張ってくれている存在を

インナーチャイルドって言います。

 

そして・・頭のいい大人ほど

この【感情の種】にふれるのが

怖いんですよね~~

 

だけど上手に関わると

本当にラクになれるし、

『とっても良いもんだな~』って

思って貰えると思います。

 

ポイント3
自分の人生を左右している問題の
もっとも大きな要因が、
親であると考えるのは抵抗を感じる

 

そりゃそうです!

子供時代には地図であり、法律であり、

世界の全てだった大切な人だから。

 

だけどこの抵抗の向こうに、

大人としての

自分自身の世界が広がるんだと思う。

 

だからこそ、親の

【行動】と【存在】をわける

ことが大事!!

 

この記事がモヤモヤを抱えた

【毒親育ちさん】のヒントになれば

嬉しいです!!

 

今日はこのへんで。

 

今日も読んでいただいて、

サンキュー

体験セッション

>>申し込みフォームはこちら

>>電話から申し込む TEL 090-9629-8122
セッション中でお電話に出られない場合があります。
留守番電話にメッセージを残していただければ、折り返しお電話いたします。

メールマガジン

↓ ボタンをクリック
このホームページの記事を更新したらお知らせします