私、毒親かも・・?

前回の記事で(これね!

【毒親育ちさん】のモヤモヤ解消法として

毒親の【困った行動】【存在】を分ける

ということについて書きました。

 

『なんのこと??』って思った方は

この記事読んでね(こちら!

 

それでね、

コメントをいただいたんですよね!

『私、毒親かも~~』

あ~~

誤解して欲しくないのですが、

私は毒親を責めたり、懲らしめてやろう

なんて意図は全くありません。

そこはご理解下さいね!

 

でね、私、思うんです。

 

毒親要素を持たない人は、
この世の中に
いない

んじゃないか?って。

 

私は子供がいないので、

【毒親】どころか

【親】にすらなれなかったんですが、

 

ふりかえってみると・・・

毒妻】だったかも・・・って思う。

 

それ以外にも、

毒上司、毒同僚、毒友人、毒ご近所とか

いろいろバリエーションはありそう。

 

毒親に育てられた人は、残念ながら、

自分自身も【毒】を持つ

可能性大ですね。

 

なぜなら、

人と人との絆を結ぶ【愛着】のスタイル

子供時代に、どのように

絆が育まれるかによって

決まってくるからです。

 

愛着のスタイルは

『第二の遺伝子』

私たちが先天的に持って生まれてきた遺伝子に、

勝るとも劣らない影響を、

その人の一生に及ぼします。

 

そういうことを、青年期から

なんとなく気づいている人もいます。

セラピーを学びに来る人の中には、

『私は、子供を作らないでおこうと思った。』

という人もおられます。

 

今日この記事では

自分が【毒親(毒人間)】にならないように

いつも自分を見張って固くなっている人や

 

感情を、自由に感じたり、

表現することを止めてしまって、

かえって上手くいかなくなっている人に

 

行き過ぎた【不安】

から脱出して、

どうしたらいいかのヒント

手に入れてもらいたいと思います。

 

 

私、思うんです。

結局大事なことは

人と人とのコミュニケーションの
【バランス感覚】を養うこと

人は、ロボットではなく、

揺らぎの中にいます。

 

だから、

常に安定とか、常に笑顔を目指すんじゃなくて

綱渡りをする人がバランスを取るように

ゆらぎながら安定する感じで。(*^^*)

 

 

ここで、安心の為に

専門家が書いた

【毒親】の基準を書きますね!

==================

この世に完全な親はいない。

どんな親でも、子供に対して、
ひどいことをしてしまうことはある。

どんな親でも、1日24時間
子供に気を配っていることは不可能である。

時には大声を張り上げてしまうことも
あるだろう。時には、子供をコントロール
しすぎる時もあるだろう。

そういう失敗をしたら、
親として失格かといえばそうではない。

親であっても人間だし、
たくさん問題を抱えているのが普通である。
親子の間に基本的な愛情と信頼感があれば、
たまに怒りを爆発させたって大丈夫である。

毒になる親とは・・・

子供に対してネガティブなパターン
執拗に継続して、
それが子供の人生を支配するように
なってしまう親のことを言う。

==================

スーザン・フォワード『毒になる親』より
まとめつつ抜粋

 

そうなんですよね。

たまに感情を爆発させたって大丈夫。

(むしろ人間らしくて、いいですよね!)

 

ただ、ネガティブなパターンが

【執拗に継続】されるのが問題である。

 

これを読んで、

ああ、なるほどなぁ・・って

思いませんか?

 

こういうパターンって結構ありそうです。

無意識的な口グセとか、

ついやってしまう行動とかね。

 

ここで、毒の影響を小さくするための

ポイントを3つ書いてみたいと思います。

 

あ、でも長くなったので次の記事で~

それでは~

体験セッション

>>申し込みフォームはこちら

>>電話から申し込む TEL 090-9629-8122
セッション中でお電話に出られない場合があります。
留守番電話にメッセージを残していただければ、折り返しお電話いたします。

メールマガジン

↓ ボタンをクリック
このホームページの記事を更新したらお知らせします