痛みを忘れてポジティブしてない?

    はーい

秋晴れの公園にて、
手を振ってご挨拶。足長に写ってるわぁ

 

先週末は

2日間ずっぽりと

セラピーのスーパーバイズ

受けてきました。

 

いやぁ、

めちゃめちゃ深かった・・。

 

 優しく、深く、

 私自身も激しく揺さぶられながら・・

 大きな大きな学びと癒し

 受け取った時間でした。


 

で、今日の内容は・・

 

セッションやメール相談でね

色々なお悩みお聴きしますが、

んん??って思う時があるんです。

 

 んん?

 

言葉に表してみると・・

なんか、そこじゃない。

もう少し深いとこに がある・・。

そんな感じ。

 

今日は、そんなお話をしたいと思います。

 

 

 

 これね、

 さっきのスーパーバイズの話にも

 関連するのですが・・

 

セラピーってクライアントさんの

辛い体験寄り添うお仕事です。

 

 でね、

 マインドフルネスになっていると

 感覚が繊細になっていて

セラピストも一緒に揺れるんですよね。

 

 しかも、クライアントさんの

 悩んでおられるテーマが

 セラピストの古傷にふれる時などは・・

 結構ゆさぶられるわけです。

 

 セラピスト自身も内側で

 反応してしまう時があります。

 

 

落ち葉が光に当たって綺麗でした!

 

 例えば、

 以前のスーパーバイズで

 私が指摘されたのは・・

 

私のセッションのペースが急に速くなり

クライアントさんを

一生懸命、励まし始めてしまうこと。

 

 

え? って思います? 

 

【励ますって

 日常のコミュニケーションでは

悪いことじゃないですよね?

 

だけど、

マインドフルネスのセッションで

内面の深い部分を探求している時は・・

 

セラピストが慌てて

マインドフルネスから出てしまい、

励まし始めてしまったら・・

探求のお手伝いができないです。

 

セラピストが励ましていたら、

本当の深い癒しには

たどり着けない。

 

 だけど、これ・・

 指摘されるまで気づかなかった。

 

 

 

こういう時、

セラピスト自身にも

癒す必要のある、

古傷があるんですよね。

 

古傷が疼く

だから・・励ましてしまう。

 

だから・・

セラピスト自身も

クライアントとして自分に向き合って

癒し続けていく必要があるんです。

 

もちろん、

セラピストになるまでに

たくさん取り組んできています。

それなりに傷は癒えています。

それでもまだ残っている・・古傷

 

これ・・・

かなり深いです!

イタイです。抵抗感ありありです()

向き合うの・・怖いです。



でも、

スーパーバイザーの先生は

本当に良い仕事人なのです。

 

まるで

【くのいち】のように

すすすーーって・・

 

 

気付いたら、

その深くてイタイ辛い部分に

しっかり寄り添われている。()

 

あ、私の先生は女性です。

男性なら【忍者】かな?

 

身体の反応が いっぱい出ます。

涙がでたり、固まったり、

小さくなったり、震えたり・・

 

それでも、

マインドフルネスの中で

揺れながら、とどまり続ける。

 

 通常とは違う意識状態。

 

 辛い体験だけど・・

 深い部分では

 そこに優しく触れられることを

求め続けていたことがわかるんです。

 

今回、

一緒にスーパーバイズ受けていた仲間も

 みんな頑張っていました。

その姿に心が震え感動しました。

 

 

 

マインドフルネスで

そういう体験を経るとね

 セッションの質が変わるんですよね。

 

 先生のスススーと寄り添う

 【くのいちの技】を体験として学び、

 クライアントとしても、

 どんなセラピストの言葉や態度が

 癒しに繋がるのかを体験的に学ぶ。

 

 

だから・・

セッションの質が

おのずと変化する

 

頑張って変えよう とか、

そういうことじゃなく、

自然に変わる

 

 

私が指摘された部分もそうです。


クライアントさんを

慌てて【励ます】ことで

無意識に避けていた場面

 

そこで、

クライアントさんのテーマに

寄り添ってとどまり

探求のお手伝いが

できるようになるんです。

 

セラピストのお役目を

より深く果たせるようになる。

これって、

とても嬉しいことです

 

 

でね・・

最初の話に戻るのですが・・

 

セッションやメール相談でね

色々なお悩みをお聴きする時、

んん??って

思う時があるって書きました。

 

例えば
どんな時かというと・・

明るく楽しく頑張っておられるけど

なんか深い部分の痛みを隠している?

って感じる時。

 

 

例えば

『ああ、そうですよね。

おっしゃる通りです。理解できました!

そんな風に答えられたけど

なんか深い部分の抵抗感を隠してる?

もしかしてセラピストに合わせている?

って感じる時。

 

 

例えば

『大したことじゃないです。大丈夫です!

そうおっしゃられたけど

本当は痛みを隠して 一人で頑張ってる?

そう感じる時。

 

 

もしかしたら、そんな時は

そう言った、その人自身も

気づいていないのかもしれないですね。

 

私が【くのいち】スーパーバイザーに

指摘されるまで

気付かなかったように・・

 

 

 

マインドフルネスだからこそ

気付けることがあります。

 

誰かに優しく、

その避けていた内面の部分に

意識を向けてみたら

何が起こるんだろう?

そう言ってもらえて

気付けることがあります。

 

何もする必要もなく

何も変える必要もない。

内側に起こることを

ただ、そのままに・・

 

ゆっくりとありのままに

気付くスペースをとってあげる

 

柔らかい眼差しで

内面を眺めていくことで

深く気づいていく時間 

 

もしよかったら、

あなたも

内面の探求してみませんか?

本当の意味で【成長】

できるかもしれません。

 

今日も読んでくれて Thank you 

 

体験セッション

>>申し込みフォームはこちら

>>電話から申し込む TEL 090-9629-8122
セッション中でお電話に出られない場合があります。
留守番電話にメッセージを残していただければ、折り返しお電話いたします。

メールマガジン

↓ ボタンをクリック
このホームページの記事を更新したらお知らせします