自分の(欠点)を

悪いものだから無くしてしまおう!!

って、思ってませんか?

それ、勿体ないかもよ

 

こんにちは長岡由子です。

お久しぶりの記事になります。

 

この数週間は

*セラピーのスーパービジョン

*ワークショップのアシスタント

*プライベートで深く揺れる体験

があり・・

 

一皮も二皮も三皮も

剥けに剥けまくった

濃厚な数週間を過ごしていました。

年明け早々、ハードだわぁ・・。

 

 

そんなこんなで

記事を書けなかったのですが

ようやく書けるようになりました。

またよろしくお願いいたします!!

 

 

で、今日の記事ですが

 

私たちが見たくない部分

【闇】について

書いてみようと思います。

 

 

今日、何をお伝えしたいかというと・・

 

あなたの中の

実は・・

宝物かもしれない!!

 

って、ことです。

 

 

闇というと、

ちょっとわかりにくいかも

しれませんね。

 

【闇】を簡単に言い換えると・・

あなたが、

欠点存在してはならない

と思ってる部分です。

 

目をつぶって、

亡きモノにしたい!!って部分。

 

それを【闇】と思って下さい。

 

 

さて、

あなたにとっての【闇】は?

どんなものがありそうですか?

 

 

あ、

見たくない?

 

 

悪いものだし、

無くしてしまいたい・・?

 

 

 

まぁそう思うよね。

でも、ちょっと待って~~。

 

 

あなたの【闇】

大切な仲間であり、

宝物なんです。

 

 

なぜなら・・

【闇】を悪いものとして

切り離してしまっていたら

あなたの一部が

欠けちゃってる】から。

 

 

全ての部分が

仲間として歓迎され、

統合されて始めて

あなたは完成するから。

 

なぜそう思うか・・
例えば私の場合でいうと・・

 

30代の頃の私は

仕事で怒りをため込むことが多かったんです。

上司に何度も何度も突っかかって

とうとう・・

配置転換を命じられました。

 

よくプンスカ怒っていたので

周りの人からも、怖がられていたし

職場の雰囲気も悪くなってたと思います。

 

 

怒りをため込んだ挙句に、

『どストレートに』

相手を責めてしてしまう

私の一部分・・

それは私にとっての【闇】でした。

 

たくさん痛い想いをし

傷つき、

ストレスが重なって・・

挙句の果てに私は

病気にもなりました。

 

そんな自分に嫌気がさし

罪悪感をもった私は

自分の【闇】を

良くないものとして

抑え込むことを決めました

 

 

その結果、

人と衝突することは

減りました。

 

でも・・

私は自分を守れなくなって

しまったんです。

 

 

怒りを無意識に抑えてしまうので

自分の限界にも気づけない。

自分のニーズもわからない。

 

 

優しくて良い人

だけど

自分を守れない。

弱い部分。

 

 

そんな私ですが、

セッションを繰り返す中で

切り離していた【闇】を

少しずつ取り戻し

 

私の大切な仲間として

統合していったんです。

 

 

 

 

ちなみに

私の【闇】の部分は

気が強く、

口の立つ女性です。

マリアさんと呼んでいます。

 

統合が進む中で

今、気づくことは

 

マリアさんは

私の心強い味方だということ。

(以前は良くないものと思って

排除していたのに!)

 

マリアさんは

私に限界を教えてくれます。

私ができないことを教えてくれます。

 

何かを

変えなくてはならない

怒りや不快感、痛みとして

私にきちんと知らせてくれます

 

 

優しくて良い人な反面

自分を守れないでいた私に

強さパワー

もたらしてくれる存在です。

 

 

若い頃、ため込んだ怒りを

『どストレートに』相手にぶつけて

失敗を繰り返した私が

本当にするべきだったのは・・

 

【闇】(怒り)を

抑えることではなくて

*怒りの適切な表現方法を学ぶこと

*自分の限界やニーズに気づいて
早めに対処すること

だったんです。

 

 

私はそんな経験をしてきたので・・

だから、

あなたに伝えたいのです。

 

あなたの【闇】は

大切な仲間であり、

宝物なんです

 

 

【闇】を排除するのは簡単だけど

闇も仲間として統合した方が

もっともっと良い!と

私は思います。

 

 

もし良かったら、

あなたの【闇】を

マインドフルネスで見つめ

仲間として歓迎してみませんか?

 

今日も読んでくれて Thank you 

 

体験セッション

>>申し込みフォームはこちら

>>電話から申し込む TEL 090-9629-8122
セッション中でお電話に出られない場合があります。
留守番電話にメッセージを残していただければ、折り返しお電話いたします。

メールマガジン

↓ ボタンをクリック
このホームページの記事を更新したらお知らせします