ずいぶん長い間、
それはあなたの感情の問題でしょう。
そんな風に思ってました。

受け止めてあげられなくて
・・・ごめんね

未消化の感情が
人間関係を壊すことってよくあります。

母が父に不倫されて

とても不安定だった頃

私はまだ高校生だったのですが、

 

母の激しく大きな浮き沈みを

当時の私は

とうてい受け止められなくて

それは
 あなたの感情でしょう

自分で処理してよね!

そんな風に思っていました。

 

今思う。

 

 

母さん、

あの頃の私は、あれが精一杯でした。

今はね、あなたの辛さもわかるくらい

私は大人になったよ。

 

セラピーも学んだし

今なら・・・あなたの辛さを

もう少し受け止めてあげられる。

あの時は突き放してしまって、

ごめんね

 

そして、

本当を言うと・・、私だって

気持ちを受け止めて欲しかった。

 

 

ネガティブな感情って
邪魔者扱いされています

たとえば・・・

 

怒り

我を忘れて
相手を激しく責め立ててしまうほどの

 

悲しさ

あなたを鋭い痛みいっぱい
してしまうほどの

 

寂しさ

誰かに思わず、
すがりついてしまいたくなるほどの・・

 

それは、
あなたの(わたしの)問題

大人なんだから、
自分で処理するべき
でしょう。

 

だからあなたは

ネガティブな感情を

一人で抱えなくてはいけなくて

流れが止まってしまう。

 

 

未消化の感情が
人間関係を壊す

たしかにね、

一方的に感情を吐き出されるのって

困るときがありますよね。

 

腹がたった、悲しい、寂しいと

誰かがすぐに電話してきて

いつまでも終わらない愚痴に

ため息が出てしまう。

 

そんな経験

あなたにはありませんか?

 

だから、

迷惑をかけたくない

誰かの重荷になりたくない。

そう思ったあなたは

辛さを一人で抱えたまま、耐える。

 

だけど、

内側で求めているものは・・

永久に得られない。

 

辛くて・・

それでも我慢して・・

ますますこじれてしまう。

 

その結果、

身近な人間関係までも

壊してしまうことってよくあると思います。

 

夫婦間の問題や、

職場での人間関係

友人間のトラブル

あるある。

 

 

マインドフルネスで
感情に寄り添う

さて、

自分の感情は自分自身で

処理するべきなんでしょうか?

 

答えは・・・

Yesでもあるし Noでもある

と思います。

 

 

感情って実はね

きちんと寄り添ってあげれば

きれいに流れていくものです。

 

流れていけば、

人間関係を壊すことだって

なくなっていくんです。

 

だけど、

怒りすぎて 破壊的になっていたり

悲しみが 痛すぎたり

寂しくて 手当たり次第求めている

そんな状態になっているときは・・

 

感情に寄り添うことは
とても難しい

 

そんな時はね

マインドフルネス

助けになります。

 

これは、体験してもらって

始めて分かって貰えると思います。

 

 

 

受け止めてほしかった感情に

マインドフルネスで

静かに向き合っていくと

理解が起こり、流れ出していきます。

 

私もたくさん

受け止めて貰えない

怒りや痛み、寂しさを

抱えてきました。

 

そして、

マインドフルネスの

セッションの中で、たくさん

受け取ってもらってきました。

 

それは、他では

得ることができなかった
体験
でした。

 

だから・・

あなたと静かに向き合って

感情が流れていく時間をすごせたら

私は 嬉しく思うのです

 

今日も読んでくれて Thank you 

 

庭のオキザリス
日が高い昼のひとときだけ、
ひらいたお花に出会えます

 

体験セッション

>>申し込みフォームはこちら

>>電話から申し込む TEL 090-9629-8122
セッション中でお電話に出られない場合があります。
留守番電話にメッセージを残していただければ、折り返しお電話いたします。

メールマガジン

↓ ボタンをクリック
このホームページの記事を更新したらお知らせします

LINEでも
受け取ってもらえるようになりました

友だち追加