インナーチャイルドの癒しって

結構 面白かったりします

 

インナーチャイルドって

聞いたことありますか?

私たちの中の

傷ついて置き去りにされた

小さなこどもです。

 

 

インナーチャイルドの傷が癒されると

日常で感じることや、人間関係が

激変することがあります。

興味ありませんか?

 

ところで、

インナーチャイルドの癒しって

どんなイメージありますか?

お話してセラピストに優しく慰められる感じ?

実は・・・結構面白かったりします

 

今日の心の旅では

ちょっと面白かったセッションのひとこまを

一緒に体験していただけたらと思います。

 

今回の心の旅には、

たくさんの登場人物が登場します。

*子供(インナーチャイルド)

*よっばらいのおじさん

*そして、それを観察している【私】。

 

旅の行先は公園です。

そこには長い間、

水が出ていなかった噴水があります。

こちらのお話からの続きです。

 

 

水の出ない噴水に
・・クソくらえ!!!

===========

山から転げ落ちて、

しばらくは麻袋のようにころがっていた。

そして、ようやく重い身体をおこして、

先へ進んで行った。

===========

 

 

===========

しばらくいくと公園に着いた。

誰も人はいない。

 

真ん中に石でできた噴水があって、

その周りをカイヅカイブキの木が

こんもりと取り囲んでいた。

 

噴水の中はカラカラに乾燥していて、

埃っぽく小石やら砂が入っていた。

もう長い間水は出ていないようだ。

 

長い間使われていない噴水を

【私】はマインドフルネスでただ眺めていた

===========

 

 

===========

ただ眺めていると、【私】は

急に噴水の中にうんこをしたくなった。

===========

うんこしました!!

 

===========

そして、噴水の水を出して流した。

うんこはゆっくり排水溝に流れていった。

===========

 

みなさま、突然の自然の呼び声に

驚かれたかもしれませんね。

失礼いたしました。

お詫びにお花の香りをどうぞ

 

 

でもね、実は

うんこには 深い意味があるんですよ。

それは後から書きます。

 

また、

噴水にうんこをして、

トイレのように流してしまいましたが・・

トイレってね、無意識や、夢の中では

感情の消化と深い結びつきがあるんです

 

お話つづきます。

===========

マインドフルネスでただ眺めていると

1人の浮浪者の男が

公園にあらわれた。

 

会社を経営していたのだが、

倒産してしまって、

今は公園で暮らしているようだ。

 

次に子供が3人あらわれて

凧揚げをして遊び始めた。

 

子供と浮浪者は公園で顔を合わせる。

毎日

毎日

そして、だんだんと

お互いが気になってきた。

===========

 

 

===========

ある時、

子供の1人がボール遊びをしていた時、

浮浪者の足元に赤いボールが

転がっていってしまった。

 

浮浪者はそのボールをとって、

口汚くののしり始めた。

アルコールが入ってマトモではない。

 

子供は距離をとっている。

でも、その浮浪者がとても気になっている。

だから離れることはなく、

一定の距離をとってそばに座っている。

 

このあたりで、【私】は気がついた。

あぁ・・・この浮浪者はだと・・・

===========

 

 

私の父は小さな会社を経営していました。

私が中学校に入った頃には、

接待で帰りがだんだん遅くなり・・・

徐々にアルコールで荒れるようになりました。

 

仕事のストレスが大きかったのだと思います。

 

そしていつの頃からか、

アルコールが入っていないときでさえ

父と普通の会話ができなくなっていきました。

話が噛みあわないのです。

 

父の頭を占めていたのは会社の経営と、

それで心のバランスを保っていたであろう、

哲学的、宗教的な話でした。

 

子供の頃は、私と妹をしょっちゅう

遊びに連れていってくれた父。

父と3人でした凧揚げ。セミ取り。

 

私は、お父さんのことが大好きでした。

それなのに、

 

お酒を飲んで夜中に帰ってきて、

荒れて暴言を吐く父。

それを見て、心配して嘆く母。

 

その頃の私が感じていたのは・・

父に対するどうしようもなく

切ない思い

荒れて暴言を吐くことへの怒りでした。

 

まだ学生だった私には、

そんな父に何もできることは

ありませんでした。

 

たから私は父のことを

知らんふり”していたんです。

 

噴水の周りのカイズカイブキの木は
知らんふりをして私自身を守る壁でした。

 

さて、物語は続きます。

===========

噴水の横で荒れる浮浪者と、

離れることなく、側に座っている子供。

 

やがて、夜になりました。

浮浪者は公園にひとり。

月明かりが彼を照らしています。

 

彼はアルコールが入って、

のどがカラカラでした。

 

彼は噴水の水を飲みました。

そして

水を飲みながら 

1人、涙を流しました。

===========

 

 

===========

あわてたのは【私】です。

 

『その水・・・

私がうんこしたんやけどぉ・・・

 

お父さんにうんこした水を

飲ましてしまった・・・!!

さすがにアカン~~ 

 

すると、セラピストさんが、言いました。

 

『そのことを

 お父さんに伝えてみたら?』

 

それで、おそるおそる

父に伝えてみたんですよね。

===========

お父さん、実は・・・

 

===========

すると 父は

『そうかぁーーー』といって、

ただ静かに

受け入れてくれました。

===========

 

 

父がストレスで大変な思いをしていた頃、

私はまだ学生で何もできることは

ありませんでした。

 

当時の私は

働くこともできず、

何も役に立つことができない。

私たち家族は

父の重荷なのかな・・・

思っていました。

 

今は違います。

父もセラピストから精神的なケア

受けられたら良かったと思います、

そして、私自身も

誰かからの暖かいサポートが必要でした。

 

で、話は戻りますが・・

 

子供の私にできたこと・・それは

うんこをすることくらいでした。

 

さて、

うんこって、
いったいなんでしょうか?

 

友人のカウンセラーが
粘土のWSで作った作品
何かしゃべりそう

 

実は子供にとってうんこは創造物

だから子供はうんこの話が大好き。

うんこドリルとかありますものね。

 

さらに、うんこは滋養に富んでいて

畑の肥料になったりもします。

 

私のうんこの入った水を

父が飲んでくれた。

 

このことは、

私のインナーチャイルドにとって、

私自身をまるごと

受け入れてもらう体験

だったのだと思います。

 

その上、

うんこの滋養で役に立つことができる!

そんな象徴イメージだったのだと思います。

 

 

そして、あともう1つ大事な意味が!

それは・・・

 

 

暴言を吐いて、

コミュニケーションが取れない父への

クソくらえ~~!!

って気持ちもあったんだと思うんです。

 

 

いかがだったでしょうか?

マインドフルネスで心の中を眺めていると

思わぬものが見えて驚くことがあります。

 

その【思わぬもの】は、

内面的なイメージや想いが投影された

シンボルなんですよね。

 

マインドフルネスのセッションは

夜に見る夢を一緒に

探求していくような感じがします。

 

だから、

セッションを受けて下さった方がみなさん

セッションが楽しいって

おっしゃってくれるのかな

今日の旅はここまでにします。

 

もし、ご興味がわいたら

マインドフルネスのセッション

気軽に試してみてくださいね。

 

今日も読んでくれて Thank you 

 

次の行先は 整然と機能的な

白い町です。こちらからどうぞ

体験セッション

>>申し込みフォームはこちら

>>電話から申し込む TEL 090-9629-8122
セッション中でお電話に出られない場合があります。
留守番電話にメッセージを残していただければ、折り返しお電話いたします。

メールマガジン

↓ ボタンをクリック
このホームページの記事を更新したらお知らせします

LINEでも
受け取ってもらえるようになりました

友だち追加