子供の時に親があなたにしたことには、
あなたの責任はない。その責任は親にある。

大人になった今の人生においては、
あなたがすることにはあなた自身に
責任がある。その責任は親にはない。

ダン・ニューハース著
『不幸にする親』より抜粋

 


我が家のワイルドローズ。
育てて10年近くですが、今年が一番元気です✨

 

自分を責めるのも、人を責めるのも

同じコインの裏表って聞いたら、

どう思いますか?

 

これは私の師匠の言葉です。

 

私はこれを聞いたとき、

えーーっ!?

って思ったの。

 

というのも、

当時の私は怒りを抑圧していて

人を責めるより、

自分が責められる方がマシって

信じていたから。

 

ついでに言うと・・

怒りを抑圧した結果、結局こらえきれずに

無意識に噴出してしまって

相手を責めちゃってたんですけどね(苦笑)

 


ここまでBIGではないけども・・・

 

前の記事で紹介した

毒になる親の著者 スーザン・フォワードも、

同じことを言っています。

自分を責めるのも、人を責めるのも

コインの裏表だと。

 

 

で・・・今日の記事は、

人を責めることと、

人から責められること
(自分を責めること)

について深めていこうと思います。

 

 

前回までの記事では

考え(心情)のチェックリスト
https://life-art-lesson.jp/2021/05/04/毒になる考え/

感情のチェックリスト
https://life-art-lesson.jp/2021/05/12/辛い感情/

二つのチェックリストをお届けしたのですが、

 

もうひとつ、

行動のチェックリスト

があります。

 

興味深いことに、

行動のチェックリストには

『服従』『反逆』

のふたつのパターンがあるのです。

 

今日はさっそく書いてみますね。

親との関係における
私の行動パターン

スーザン・フォワード『毒になる親』から引用

 

服従パターン

1.私は自分がどう感じてるかにかかわり
なく
親のいうことに従うことがある。

 

2.私は自分が本当はどう考えているか
親にいわないことがある。

 

3.私は自分が本当はどう感じているか
親にいわないことがある。

 

4.私は親とうまくいっていない時でも
うまくいっているように振る舞うことが
ある。

 

5.私は親と一緒の時には、表面的に
合わせているだけで、“ニセ者”になって
いる
ことがよくある。

 

6.私は親との関係において、自分の自由な
意思ではなく 後ろめたさや恐れから行動
していることがよくある

 

7.私は親を変えようと一生懸命努力している。

 

8.私は親に私の考えを理解させようと
一生懸命努力している。

 

9.私は両親が争っている時に、仲を
取り持とう
とすることがよくある。

 

10.私は親を喜ばせるために自分を犠牲に
することがよくある。

 

11.いつも家の秘密を守るのは私の役目で
ある。

 

 

反逆のパターン

12.私は自分が正しいことを示すために
いつも親と口論する。

 

13.私は自分には自分の考えがあることを
示すために、親が気に入らないとわかって
いることをする。

 

14.私は親が私をコントロールできない
こと
を示すためには大声でわめいたり、
毒づいたりする。

 

15.私は親に暴力を振るわないように
自分を抑えつけなければならないことが
よくある。

 

16.私の我慢は限界を超え、親とは縁を
きった。

 

あなたは

『服従』『反逆』

どっちのパターンに近いですか?

 

私の記事を読んでおられる方は

『服従』の人が多いのかなぁ?

 

もしかしたら、

『服従』から『反逆』に

転じた人もいるかもしれないし

『かくれ服従』『かくれ反逆』

あるかもしれません。

 

いつものように、チェック結果ですが・・

このチェックリストで

二つ以上が当てはまる人は

いまだに親のことが

人生の大きな問題となっている

だそうです。

 

で、コインの裏表のお話に戻って

『服従』と『反逆』について

スーザン・フォワードの文章が

参考になるので引用してみますね。

服従的な行動が子供の精神的独立を
阻んでいることは容易にわかるが、

反逆的行動に出るのもやはり、
自己を相手にからめ取られている証拠で
ある
ということは、なかなかわかりにくい。

(中略)

*行動に激しい感情をともなっていること

*同じパターンの行動がいつもくり返されること

*その行動は予測がつくこと

*その行動は自分の自由な意思による
選択の結果ではなく

*自分が独立した存在であることを
なにがなんでも証明しなくては
ならないため
であること、

などからよくわかる。

服従的であることと攻撃的なことは
同じコインの両面にすぎない。

 

 

 

さて、ここからは、

人を責めることと、
人から責められること

について深めていこうと思います。

 

ちょっと想像してみてください。

自分を責める人と

人を責める人が一緒にいるところを・・・。

 

 

人を責める人が、むしゃくしゃして

怒り玉を相手に投げつけます。

 

怒り玉はもしかしたら、

黒いぐちゃぐちゃかもしれないし

赤とか黄色のギザギザが

ついているかもしれない。

 

それを投げつけるの。エイッて!

 

 

で、自分を責める人は

私のせいだって、思うから

それを受け止めて悲しくなったり

 

怒り玉が身体にあたってボコボコ

なってるかもしれない。

 

怒り玉が飛んでこないように

無意識にご機嫌をとってる場合も

あるかもしれません。

 

 

 

さて、あなたはこれをどう感じますか?

 

 

無意識にこんなパターンになってる

親子関係、夫婦関係ってありそうですよね。

 

もちろん、あなたが誰かを怒らせた時

あなたに本当に非があるのなら

謝る必要はあります。

 

怒った側は、

相手に行動を変えてもらうように

要求することも正しいです。

 

 

ただ、感情的になって

八つ当たり的に怒り玉をぶつける

としたら、どうでしょう?

 

 

この二人の関係

お互いを尊重できていませんよね。

 

 

 

 

自分を責めがちな人へ

あなた自身を

守れていますか?

 

 

 

 

人を責めがちな人へ

自分の感情のお世話を、

自分自身でできていますか?

 

 

 

他人の感情の責任

あなたがとる必要ってない

のですよね

 

そして同時に

自分の感情のパターンに気づいて

その感情に取り組んでいくのは

あなた自身の責任なのです。

 

 

 

さて、ここで

ちょっとイメージを変えてみると

どうでしょう?

 

さっきの、

怒ってむしゃくしゃして

怒り玉を周りに投げつけている人と

投げつけられていた人

 

二人の距離を

すーーーっと離してみる

 

怒り玉は地面に落ちる。

他の人とは関係なく、

ただ落ちる。

 

 

そうしたら・・

あなたの中で何が起きてきますか?

 

もしかしたら、

ほっとするかもしれないし、

 

逆に、悲しくなったり、

寂しくなったり、

不安が起きるかもしれません。

 

 

ここに向き合っていくのって

あなた自身の幸せな人生のために

大事なんじゃないかなって思っています。

 

 

私の経験では

自分を責める人って

養育者から責められてきた人が多いし

 

人を責める人って

養育者から過剰にコントロール

されてきた人が多い。

 

どっちの場合もね

ゆっくりと内面を探っていくと・・

自分を責める部分

人を責める部分両方あって、

内面で口論していたりします。

 

鍵と鍵穴なんですよね。

 

 

自分を責めるのも、人を責めるのも

コインの裏表

 

もしよかったら、

あなた自身の

自分を責める部分 や 人を責める部分

に気づくことができたら

 

『どうしてそんなことしてるの?』

って尋ねてあげてください。

 

あなたの中の

自分や他人を責めて孤独になってる部分と

責められて苦しくなっている部分とが

穏やかに対話を始められると良いですね

 

マインドフルネス

対話の助けになると思います。

 

こちらにも
怒りに関する記事があります

もし良かったら御覧くださいね。

怒りを支えに生きて・・・ドツボにハマる?!
https://life-art-lesson.jp/2019/11/24/怒りを支えに生きて・・ドツボにはまる?!/

怒りにまつわるドラマ
https://life-art-lesson.jp/2020/08/19/怒りにまつわるドラマ/

怒りとのかしこい付き合い方
https://life-art-lesson.jp/2019/12/27/怒りとのかしこい付き合い方/

今日も読んでくれて Thank you 

 

ちりとり一杯の花柄。散っても綺麗🌈

 

体験セッション

>>申し込みフォームはこちら

>>電話から申し込む TEL 090-9629-8122
セッション中でお電話に出られない場合があります。
フォームからのお問い合わせ、お申し込みをおススメいたします。

メールマガジン

↓ ボタンをクリック
このホームページの記事を更新したらお知らせします

LINEでも受け取ってもらえます

友だち追加