あっという間に梅雨があけましたね。

久しぶりに雨が降りホットしています。

森林植物園のあじさい

 

私のホームページに

【怒り】に関する記事が多いせいか・・

消えない怒りに苦しむ方からのご相談

結構多いです。

 

で・・・セッションさせていただきながら

ふと・・・思う時があります。

 

ああ・・

この方は いま

怒っていたいのだなぁ・・

 

 

 

このように聞いたら・・

もしかしたら

怒りが沸いてくる方も

おられるかもしれません。

 

 

こんなに腹が立って苦しいのに!

どうしようもない怒りなのに!!

なんてこと言うの! って

 

咲き始めの ベルガモットモナルダさん

 

【怒っていたいのですね】

なんて言われたら

突き放された感じがするかもしれない。

 

その気持ちすごくよくわかる。

私自身も、どうしようもない怒りに

心底苦しんでいたから・・

 

 

でも・・・もしよかったら、

ほんの少しだけ

私がそう思う本当の心からの意味を

聞いてみてもらえませんか?

 

6月の森林植物園にて 白いお花

 

 

職場の上司への怒り
本当は・・

私は20代から30代前半のころ

大きな怒りを抱えて苦しんでいました。

 

職場の男性上司に対する怒りです。

怒りすぎて、いつも、友人に

愚痴をこぼす日々でした。

 

 

でも・・・いつの頃からか

自分の怒りに【ウラ】があるように

感じ始めたんです。

 

 

内面を見つめはじめて気づいたこと

それは・・・

職場の上司に対する怒りは

父への怒りの投影だったということです。

 

 

 

あってはいけない怒り

当時の私、父のことが大好きで

父に怒りを感じていることすら

気づいていませんでした。

 

なぜなら、父に怒りを感じることは

私にとって【致命的】だったからです。

 

私の父はもう亡くなっているのですが

とても穏やかで理性的な人でした。

 

子供の頃は、よく遊んでくれて

凧揚げ、蝉取り、恐竜博物館

芝生を裸足で歩いたり・・

お父さんのことが大好きでした。

 

でも・・私が中学生になったころから

仕事で帰宅が少なくなり・・・

 

女性問題で母を悩ませたり

夜中に仕事から帰ってきてアルコールで

荒れたりして・・・・

 

深い部分で私は

父に怒りや悲しみを

感じていたんですよね。

 

でもね・・・大好きな父

たまにしか帰ってこない父に

怒りや悲しみを感じてしまうことって

私にとっては致命的なことでした。

 

なぜならそれは・・・

当時の私にとっては

自分から愛されることを否定すること

と同じだったからです。

 

 

 

怒ることで得られるもの

会社員時代の私にとって

職場の上司への怒りは

無意識的に心のバランスをとる手段に

なっていたのだと思います。

 

深い私の内面には

*大好きな父への表現できない怒りや

*家族と父が離れていく不安や

*母の愚痴を聞き続ける苦しさや

*自分に対する自信のなさや・・・

 

たくさんの感情が

絡まりあっていました。

 

 

 

外へと投影された怒りは・・・

絡まった苦しさをほんの少し解消し

自分を支えるために

とても役に立ってくれていたのです。

 

 

怒りで得られるもの・・・

*POWERの感覚

*強くなった感覚

*くやしさを一時的に解消してくれる

*自尊感情を支えてくれる

*心の痛みを感じなくさせてくれる

 

 

どうでしょう?

あなたの中の消えない怒りは

あなたの支えになっていないでしょうか?

 

 

あなたに本当に必要なこと

とはいえ・・

消えない怒りを抱え続けることは

大変なことです。

 

*怒るととても疲れる

*時として、人間関係を壊してしまう

*良いものまで排除してしまって悲しい

そんなことも、あるかもしれません。

 

 

だから・・・怒りを消してしまいたい。

そう思うのは自然なことです。

 

 

でももし、あなたの怒りが

あなたの支えになっているのなら・・

怒りを手放すのは簡単なことではありません。

 

怒りを手放すためには

怒り以外本当の支え

必要だからです。

 

開くとこんな感じ
ベルガモットモナルダ

 

あなたにとって

本当の支えになってくれるもって

なんでしょうか?

 

*話をきちんと受け止められること?

*愛されている感覚を感じること?

 

 

*心からの謝罪?

*罪悪感の解消?

 

 

*安心できる場所?

*自分が許されること?

 

 

*たっぷりの時間を
与えてもらえること?

 

 

あなたに必要なものは

ひとつだけではないかもしれません。

 

もし良かったら

一緒に探していきませんか

 

今日も読んでくれて Thank you 

 

体験セッション

>>申し込みフォームはこちら

>>電話から申し込む TEL 090-9629-8122
セッション中でお電話に出られない場合があります。
フォームからのお問い合わせ、お申し込みをおススメいたします。

メールマガジン

↓ ボタンをクリック

記事を更新したらお知らせします。
7日間の無料メール/LINE講座プレゼント中

LINEでも受け取ってもらえます

友だち追加