さて、今日のテーマは

わたしたちは
ウソをつくんだよなぁ・・

です。

 

日常会話で、

伝えたいことが伝わらないモヤモヤ

がっかりしたことはないですか?

 

日常会話のみならず・・

 

私はセラピーを受け始めた頃

自分で何を言っても

言葉にすると違う!!

と感じて、

苦しんでました。

 

私は元リケジョです。

はっきりいって、

頭の回転は速かったと思います。

 

でね・・

 

この頭の回転の速さが

私の邪魔していたんです。

言葉で何か伝えたり、

相手から何かを受け取るときに・・。

 

『えー?』って思います?

実は、そうなんですよ。

 

だってね・・

 

何を言っても、

何を聞いても、私は・・

『え~~、その答え、

 わかりきってるじゃん!!』って、

即座に終了させていたのですから。

 

いま振り返って思う・・。

 

【わかりきってるじゃん】

って言った瞬間に、

変化も成長も

止まってるやんかーーい!

OH NO! 

 

 

ということで、今日は

昔の私のように?

(私ほどヒドクなくても^^)

日常会話に限界を感じたり

言葉で表現することに

難しさを感じている人に

新しい可能性を知ってもらいたいなぁ

と願って書いてみます。

 

 

私の考えですが、

わたしたちは、

自分の内面に繋がらない限り

日常会話で無意識に

ウソを吐いています。

 

『え?』って思います?

 

これは、

私が【マインドフルネス】で内面に

繋がるようになって気づいたこと。

 

だってね・・

『社会でこうあるべき』とか

『人として正しい姿はこう』とか

そういう観念や思考が強く働くと

自分が何を感じているか

本当に気づくのは難しいんです。

 

 

あっ、そういえば

私はこれまで何度も

【マインドフルネス】を

おススメしてきてますが

【マインドフルネス】の何が良いか

お伝えしてなかったですよね。

今日の記事では少しお伝えできるかな。

 

そして、話を戻しますが・・

 

人が変容する時って

観念や思考の

『わかりきってるじゃん!』を、

ヒョ~イと飛び超えて

 

【わからない体験】の中に

楽しみながら

入っていくときなんです!

 

日常会話の限界

日常会話に限界がある理由

新しい可能性について

3つにわけて書いてみますね。

 

1日常会話の限界
(言葉はラベル)

そう。

言葉ってラベルです。

 

赤くて丸い手のひらサイズの果物

=『リンゴ』

 

心拍数が上がって、
身体がウキウキ浮足立つような感覚

=『喜び』

 

こんな風に体験には

言葉のラベルが貼られています。

これは過去の体験を分類して貼ったもの。

 

言葉を使うと、他人にも簡単に

体験を伝達できて、とても便利です。

 

でもね、言葉にも限界があります。

 

言葉は、

今まさに【存在するもの】

正確に捉えることができません。

言葉になった瞬間、

それは【体験】じゃなくなるからです。

 

ちょっとわかりにくいかな?

もう少し聴いてくださいね。

 

【体験】ってね

私たちの内側で

・・・今まさに感じていること

・・・沸き起こっている感覚

・・・どんどん変化しつつあるなにか

です。

 

今まさに

生き生きと息づいて

起こりつつある感覚

ラベルを貼ることができないもの

 

これが、

日常会話の限界、言葉で表現する難しさ

の原因だと私は思います。

 

そして、

今まさに起こりつつある感覚に

繊細に気づいて、伝えていけるのが

マインドフルネスの良さだなと思います。

 

 

さらに

言葉のもう1つの限界を書いてみると、

 

言葉を使って表現することで、

本当の【体験】と一致しない【意味】

が押し付けられることもあります。

 

(例えば・・

本当は安堵絶望わずかな期待

入り混じった複雑な感情なのに、

言葉では『悲しい』と単純に表現されたり)

押し付けられた【意味】はウソになります。

わたしたちは、そうやって

無意識にウソをつく。

 

2感覚 と 体験が変化の鍵

悩んでいるとき

頭がグルグルまわりますよね。

考えても、考えても解決しない。

もう頭の中はぐちゃぐちゃ

延々と周り続ける 思考のループ

 

疲れちゃいますよね。

 

こういう時も

マインドフルネスは

役に立つんですよ。

 

マインドフルネスになると

思考や言葉よりも

深いレベルにアクセスできます。

 

わたしたちが何を感じているのか、

どんな風にループし続けているのか

繊細に気付くことができるんです。

 

例えば・・

 

『〇〇は嫌だな』お腹のモヤモヤ

『でも××も困るな』眉間に力が入る

『△△さんはこう言ってたな』困った感覚

『でも**だしな・・』あきらめの感覚

→『〇〇は嫌だな』 (最初に戻り延々と続く)

 

こんな風にループしている順番にも

気付くこともできます。

 

このループを繊細に観察していると

必ず解決の糸口が浮かびあがってきます。

 

ループに入ったとき

わたしたちを変化に導いてくれるのは

思考や言葉よりも深いレベルの

感覚 と 体験なんです。

 

 

3【わかりきってるじゃん】
を抜けて
【わからないこと】
を楽しむ世界へ

 

さっきも書きましたが、

昔の私は思考が強くて

何を言っても、

何を聞いても

【わかりきってるじゃん】ハイ終了!

って感じでした。

 

当時の私と向き合ってくれた

セラピストさんには

たくさん見えていることが

あったと思います。

 

でも、私の中の

しっかり者の思考さん

【わかりきってるじゃん!】って

自信満々なものだから(苦笑)

 

セラピストさんの気づきや言葉は

【わかりきってるじゃん!】の

分厚い壁に阻まれて、

私になかなか届かなかった。

 

 

こうなると、

セッションがとても苦しいです。

じりじりと進まなない。

無理に押されると抵抗感が出て

イヤになっちゃうしね。

 

こんな体験があった私ですが、

マインドフルネスに出会ってからは

驚くほど早く、するりと

変化し始めたんです。

 

マインドフルネスは

【わかりきってるじゃん!】の

分厚い壁をヒョーイと超えて

【わからないこと】を楽しむ世界に

私を連れていってくれたんです。

 

しかも、この新しい世界が

  楽しかったんですよね

 

~*~*~*~*~

 

わたしたちは、

自分の内側に繋がらない限り

日常会話で無意識に

ウソを吐いています。

 

それは、こうあるべきという

観念や思考が邪魔をするから。

 

そして、

人が変容する時は、観念や思考の

『わかりきってるじゃん!』を、

ヒョ~イと飛び超えて

【わからない体験】の中に

楽しみながら入っていくとき

 

今日の記事が

日常会話に限界を感じたり

言葉で表現することの

難しさを感じている人に

新しい可能性の

入口となれば嬉しいです。

 

マインドフルネス楽しいですよ~

もし良かったら、体験してみてね!

 

今日もありがとうございました。

 

体験セッション

>>申し込みフォームはこちら

>>電話から申し込む TEL 090-9629-8122
セッション中でお電話に出られない場合があります。
留守番電話にメッセージを残していただければ、折り返しお電話いたします。

メールマガジン

↓ ボタンをクリック
このホームページの記事を更新したらお知らせします