お宝が目の前にあったら・・

オリャー!って奪う?

ありがたく感謝しながらいただく

そっと、そのままにしておく?

 

 

先日の7月20(土)のワークショップ(WS)

アートセラピーのグループワークで

募集していたのですが・・

 

参加者がお一人だったので、

急遽、箱庭の個人セッションに変更しました

とっても良い時間でした

 

 

少し離れた目の前に、宝箱があったとします。

 

何か気になるものが入っていそうです。

でも宝箱はとても美しく神聖な雰囲気の

池の底、水の中にあります。

あなたは どうしますか?

 

わー!!と 一目散に取りに行く

周りをみて、取っても大丈夫か考える

 

さて、どっち?

 

 

 

ちっちっちっちっ

(注:時計の音)

 

 

 

 

 

あなたは
どちらを選ばれましたか?

ここでの選択や

起きてくるストーリーって

その人が、今向き合っているテーマ

密接に関連していると思います。

 

 

現代は競争社会

生き残るために、

強く早く上を目指さなくては!

パワー勇気スピードが大事!

そんな考えが広く染みわたっています。

 

今、そんなチャレンジの最中にいる人には

①が望ましい答えかもしれない。

 

 

その一方で、

資源の奪い合いや、自然破壊

格差、差別の問題に心を痛めて

もっと調和した在り方

模索している人には

②が望ましい答えかもしれない。

 

 

どっちが間違っているわけでもない

みんな、自分の中に

両面を持っているんだと思う。

 

私たちの中の2つの部分が

うまく配慮しあい、

協力しあえるといいですね。

 

 

 

継続セッションのご感想

Q1.継続セッションをスタートされてから、
新たにどんな変化がみられましたか?

マインドフルネスで出てくる
潜在意識からの情報を
その場でキャッチするだけでなく
後になって、また別の角度からの
ヒントや答えとして捉えることも
増えました。

自分自身を冷静に見つめるように
なりました。
考え方も変化してきています。

自分を信じて、自分の考えで
行動に移せるようになってきました。

周りの状況も自ずと変化し、
好転しているように感じています。

 

Q2.継続セッションで取り組むゴールについて
現在どの程度叶えられていますか?

まだ、変化の途中ですが、
あえてどれくらい叶えられているかと
言えば・・70%ぐらい。

自分が取り組んでいきたい事柄を
自分で書き出して、

由子さんに寄り添ってもらい、
それらに向き合えたこと自体が、
自分にとっては大きな出来事で
収穫でもあります。

自分が幸せに暮らせることを目標にして、
自分で動いていることが
もうすでにすごいことで、
幸せであるなと思います。

 

Q3.現在のご感想をお聞かせください

【納経帳に描いた、私の成育歴アート】が、
今、本当にしっくりきています。

感覚的なものなので、
上手く言えないのですが、
今の自分の状態を本当に上手く
描き出されているなと感じています。

今を生きる勇気を与えてもらえたりもします。
(時々、絵を見つめています)。

この絵の続きを、
今度はもっと自分の望むかたちで、
描けて行けたらと思います。

(40代 女性)

*得られる結果には個人差があります

~*~*~*~

 

ご感想ありがとうございました

 

幸せに暮らせることを

目標にして、

自分で動いていること自体が

すごいことで 幸せ

 

本当にそうですよね。

周りに振り回されるのではなく

静かに望むものを選択できることって

本当の強さでもあり、

自分を大切にするってことだと思います。

 

 

 

ご感想の中にあった

【納経帳に描いた成育歴アート】ですが

こんなのです!

 

人生を振り返りながら、

もっと 満たされる

望む未来を創っていけます!

 

こちらのコースでやっているものです。

ライフアートレッスン コース

 

*西神中央セッションルームまで
来ていただける方、

*アートセラピーで楽しみながら
自分をみつめたい方

*これからの人生、
満たされて生きて行きたい方

ご興味があれば声かけてくださいね。

 

がんの方向けにご案内作っていますが
がんでない方も受けていただいています。
(このご感想の方もそうです)

クリック

ライフアートレッスン コース

 

今日も読んでくれてThank you!

 

体験セッション

>>申し込みフォームはこちら

>>電話から申し込む TEL 090-9629-8122
セッション中でお電話に出られない場合があります。
留守番電話にメッセージを残していただければ、折り返しお電話いたします。

メールマガジン

↓ ボタンをクリック
このホームページの記事を更新したらお知らせします