自尊心っていったいどうやったら上がる?

強烈に引き込まれるような

下へのエネルギー これは何だ??

 

自尊心高い方ですか?

あなたは、自尊心高い方ですか?

それとも・・・

『私は自尊心低いなぁ』

って思ってます?

 

この記事を読んで下さっている人は

『私は自尊心低いなぁ』タイプが

多いかもしれませんね。

 

実は私も、長い間

自尊心低いなぁって

思っていたんです。

 

なんというかな・・

利用されやすい・・というのか

 

気付いたら

優しさにつけこまれてる??

と思う状況になっていたり

 

なんか依存されてる??

もしかしてマウンティング

と思う状況も・・結構ありました。

 

もちろん私は

腹が立ったら怒りますし

自分を主張するときもあります。

 

でもなぜか

最後まで、

主張しきれない

 

ワッ!!と怒りが起こっても、

すぐに振り上げた拳は力を失い

萎えてしまう。

それで、結局我慢し続けてしまう。

 

なんでだろう??

 

 

あなたは、どうですか?

 

だけど、自尊心って・・

いったいどうやったら

上がるんでしょう?

 

そもそも、

自尊心って??

それってどんな感覚??

 

わからなくないですか?

 

 

大好きなもみの木 今日も会いに行ってきた

 

そんな私がつい最近、

とても面白い体験をしたんです

それは

ある日の怒りを感じた時のことです。

 

マインドフルネスで内観すると

怒りのエネルギーは

お腹から上に向かって

熱く突き上げてくる

ような感覚でした。

 

すると、

なんと!!

頭から下に向かって

ヒューーーン

強烈に引き込まれるような

感覚が起こってきたんです。

 

 

これは何だ??

 

 

 

 

上へ突き上げる

カーーーーッとした熱さと

下にむかってヒューーーと

強烈に吸い込まれていく感覚

 

上下のパワーの激しいせめぎ合い

 

 

この激しい攻防に

このときの私は、

悶絶したのでした。(苦笑)

 

 

我が家のクリスマスローズ

 

実はね、

先日のセッションでも、

これと同じような体験をされた

クライアントさんが

いらっしゃったんですよ。

(シンクロよく起こります!)

 

クライアントさんが

感じられたのは・・・

怒りがお腹から上ってきて

そして!

頭から血の気が引くような感覚

 

おお!!

私の感じたのと同じやん!!

(驚き)

 

そこで、

血の気が引くようなエネルギーに

マインドフルネスで

そっと、

寄り添ってもらったんです。

 

その

血の気が引くような感覚は、

何をしようとしているの?

 

すると・・

 

孤独になる・・

 

 

そう・・・

そうなんですよね。

 

下へのエネルギーは

怒って孤独になるのを

止めようとしてたんです。

 

私の場合も同じような感じです。

怒ったら・・

大切な人を傷つける。

罪悪感を感じて胸が痛い。

 

だから

激しい怒りが湧いた瞬間に

身体は即座に

下向きのエネルギーを出して

消火活動をしていたんです。

 

 

 

確かに、

怒りを消火してくれるおかげで

人間関係が壊れることは

防いできてくれたと思います。

 

だけど・・

消火活動が無意識に起こる上に

あまりに速く強すぎたら・・

本当の意味では

自分を守れないのですよね。

 

つまり・・これが

自尊心が低い原因になっている。

 

本当の自尊心は

下から上に突き上げてくる

内側からの熱いエネルギー

 

この突き上げる

熱いエネルギーに寄り添い

大切にすることから

自尊心は生まれるのかもしれない。

 

もちろん、

孤独になったり、

人を傷つけたりするのは違います。

そこは、良いやり方を

みつけていかないといけない。

 

青空に白い枝がはえて美しかった

 

ということで、

今日は自尊心について

お届けしました。

 

マインドフルネスって

こんな風に、

正体不明だった自尊心について

気付けたりもして面白い。

 

もし良かったらあなたも

感情や内側の感覚を

静かに観察してみることから

始めてみませんか?

 

今日も読んでくれて Thank you 

 

最近始めました。パステル点描曼荼羅

 

体験セッション

>>申し込みフォームはこちら

>>電話から申し込む TEL 090-9629-8122
セッション中でお電話に出られない場合があります。
留守番電話にメッセージを残していただければ、折り返しお電話いたします。

メールマガジン

↓ ボタンをクリック
このホームページの記事を更新したらお知らせします