頭痛胃や腸の不調

からだのこり 疲労感

食欲不振 または 異常に食べたくなる

睡眠障害吐き気などは

【毒になる親】をもった子供が成人後に

よく見せる症状としてまれではない。

スーザン・フォワード著
『毒になる親』 より抜粋

 

慢性的な
こころや身体の不調は
ありませんか?

私はありまーす

昔持っていた症状もあるし

そして今も、ときどきありますよ。

 

昔持っていた症状はね、

からだのこり疲労感

ずーーーっとしんどかった。

 

人よりも疲れやすくて

私は体力ない

って思っていました。

 

線香花火 儚いよね。でも好きです。

 

今も時々起こすのは・・

睡眠障害かな?

セッションでトラウマを掘ったりすると

夜中に夢を見て中途覚醒します。

 

でも、この夜の夢を私は

解放のプロセス

だと思っていて

楽しんでたりもするのですが

 

あなたはいかがでしょうか?

不調の根本原因にある
養育者とのきずなの傷

身体や心の不調の根本を

どんどん探っていくとね、

そこにはどうしても

コントロールできない

行動感情衝動があって、

 

さらにその大元を探っていくと

養育者とのきずな

が関わっていることあるのです。

 

私たちが成長する過程で、

養育者とのしっかりしたきずな

ができていないと・・・

 

*何かに執着してしまったり
(依存やしがみつき)

*何かと離れるのが難しかったり
(お別れに弱い)

*何かを固持してしまったり
(こだわりが強い)

 

大人になってからの行動や発育に

影響が出てしまうと言われています。

 

 

子供は自分中心の世界で生きていて、

生活のすべてを大人に依存しています。

 

で、養育者である大人は

全ての時間やエネルギーを

子供に捧げるのは不可能です。

 

だからある意味、

大なり小なり全ての人

依存や中毒

こだわり

離れらない

といった一面を持っているかもしれません。

 

 

母親や父親と

安定したきずなを持てた子供は

外に出て

世界を探究したい

という気持ちを

自然に持つようになります。

 

そして、

外に出て何か怖いと感じた時や

自分が理解できないものと遭遇した時

 

養育者の元に戻って、

助けてもらって

また安心感を取り戻すことができるのです。

 

よかった!

お母さんはここにいるから大丈夫だ」

 

「私は大丈夫」

 

そして、

また外へ出て探究を始めます。

 

安定したきずなが得られた子供は

『この世界は私が存在してもいい場所だ』

自分は安全だ』

『もし何か必要なことがあったら、
 誰かが助けてくれる

といった感覚を根底にもっています。

 

 

ですが、

この感覚が養われていない人も多いのです。

 

養育者とのきずなの傷

安心感の感覚が養われているない人は、

大人になってから

 

何かに没頭して不安を感じなくする

怖れを避ける

見下げる
(自分は必要ない関係ない、
誰かに助けを求めるなんてしないしできない)

 

という行動パターンを取ることで

バランスをとることが多いそうです。

私、めちゃめちゃ

該当してるやん!!

これ・・

始めて聞いたときの私の反応です

 

 

当時の私は、

このことを口に出して訴えて

母を悲しませたり

母を恨み、

母を責めたこともありました。

 

そして、時がたって・・・今では

そういうこともなくなりました。

 

セラピーを受けていくうちに、ふと

“もう辞めよう”と思えたのです。

 

母も傷をもって生きてきた。それでも

一生懸命生み育ててくれた

このことで充分だと思えて

楽になれたのです。

 

 

もちろん、

そう思えないって人もいると思います。

あってはならないレベルの

虐待を暴力を受けた方もおられます。

 

受けた傷は、

はかりしれないほど大きい。

 

虐待を暴力を受けてまで、

親を許さなくても良いと私は思います。

 

 

 

心の傷は
親から子へと
受け継がれる

 

だから、

あなたが自分自身を癒すことは

あなた一人にとどまらず世代を超えて

良い形で伝わっていくと思うのです。

(もしかしたら先祖供養にもなるかもです)

 

心の傷があっても
諦める必要はない

もしあなたに心の傷があったとしても

諦める必要はありません。

なぜなら心身のパターンは

アップデートできるからです。

 

心身の癒しのカギとなるのは

 

★愛情と安全性を感じられる
 癒し手に出会うこと

★マインドフルネス

★新しいあり方の発達 です。

 

 

要するに、

安全な人と安全な場所で、

安心感を感じながら、

色々と試してみるのです。

 

もがいたり、苦しんだり、

不快感に耐える力を養うことも大事です

 

回復のプロセスは

根性論とか歯を食いしばって

やるのではなくて、

 

静かに

マインドフルネスの気づきの中で

優しい眼差しでね

 

するとね

あなた自身の複雑さや

人間関係の複雑さに耐える力が

ぐーんと育ち

脳に新しい回路もできて

根本的に変わってくるのです。

それって素敵だと思いませんか

 

マイドフルネス

ラビングプレゼンス

あなたと一緒に

育んでいきたいのです

 

今日も読んでくれて Thank you 

 

体験セッション

>>申し込みフォームはこちら

>>電話から申し込む TEL 090-9629-8122
セッション中でお電話に出られない場合があります。
留守番電話にメッセージを残していただければ、折り返しお電話いたします。

メールマガジン

↓ ボタンをクリック
このホームページの記事を更新したらお知らせします

LINEでも
受け取ってもらえるようになりました

友だち追加