自分を労わることこそ

最も大きな癒しをもたらす。

セオドア・アイザック・ルービン

 

エキナセアの蕾 
自然の幾何学模様って美しいですね

 

先日ある方の記事を読んだのです。

人として器を大きくするには?

というテーマ。

いいこと書いてるなぁ・・って思ったの。

 

でも、読んでしばらくしてから、ふと

あるクライアントさんのことが

思い浮かんできたんですよね・・・。

 

その方はね、

頑張りすぎて、くたくた

くたびれてしまっている

クライアントさんなんです。

 

その時どう思ったかというと・・

いやいや、ちょっと待って!

アダルトチルドレンの方って

事はそう単純ではないんだよ って。

 

 

今日は、

頑張っても
うまくいきませんという人や

頑張りすぎて
もうくたくたです
という方に

 

器を広げることをテーマに

ちょっとした気づきを

お届けできればと願って書いてみます

 

 

今回お伝えしたいことは・・・

頑張ってもうまくいかないACさんが

自分の器を広げる為には・・・

 

まずは、

自分を大切にする

感覚許可が必要ってことです。

 

 

 

なぜそう思うかというと・・

 

最初に書いたある記事の

【たとえ】からお話を始めますね。

その記事は、松の木をたとえ

自分の器を大きくするには

というテーマでお話されていたんです。

 

 

2種類の松の木の比較

小さい松の盆栽 

大きな大きな松の御神木

 

この2つの違いは・・・

根っこが生えている器

 

小さな鉢では

松は大きくなれないけれど

地面という大きな器では、

松は大木になれる。

 

大木になるには根っこが大事。

しっかりと根を貼るために

大きな器が必要。

 

 

だから、

自分が入っている器を見てみよう。

 

器を広げて、

たくさんの体験をすることで

人は丈夫になり、

人としての器が大きくなっていく。

 

こんな感じです。

すごく、わかりやすいよね。

むっちゃいい話だと思う。

 

 

そして、ここで私は思ったのです。

アダルトチルドレンの方は

そもそもの【前提】が違う

んだな!って。

 

 

このお話の例えでね・・

 

盆栽の松 も ご神木の松も

どっちも同じように

太陽の光浴びられて

地面から栄養を吸収できる

ことが前提になっています。

 

でもね・・・

困難な子ども時代を送った

アダルトチルドレンの人たちには

そもそも、その当たり前のこと

大人になっても難しいのですよね。

 

自分の内面にある
【前提】の違い
気づいていますか?

 

【前提】が違うという話ですが

いったい何のこと??

って思われているかもしれませんね。

 

ここからは、私も

松の木をたとえに書いてみます。

困難な子ども時代を送った

【アダルトチルドレン松】

の場合・・です。

 

 

例えばこんな感じ

ケース1
子供の頃から
自分を犠牲にして生きてきた
アダルトチルドレン松の場合

 

この松は、

太陽の光が充分にあることが

わからなくなっています。

 

まわりの松たちは、

太陽に向かって

のびのびと枝を伸ばしているのですが

 

この【アダルトチルドレン松】は

太陽に何か代償を支払わないと

光を浴びてはいけないと感じてしまいます。

 

だから、自分を犠牲にして

太陽を浴びる罪悪感を埋めようと

必死に頑張ろうとするのです。

 

 

 

ケース2
子供の頃から
スケープゴートにされてきた
アダルトチルドレン松の場合

 

この松は、

自分が普通に素敵な松だってことが

わからなくなっています。

 

まわりの松たちは、

太陽に光を浴び、風に吹かれて

気持ちよさそうにしているのですが・・

 

【アダルトチルドレン松】は

自分がそんなことするのは

許されないって思ってしまうんです。

 

だから、

太陽の光や風が怖くなってしまって

身を縮めて

光や風から遠ざかってしまいます。

 

 

 

ケース3
子供の頃から
親に注意を向けてもらえなかった
アダルトチルドレン松の場合

 

この松は、いつも飢餓感を感じています。

だって、根っこから栄養を

吸い上げても、吸い上げても

栄養はやって来なかったんです。

 

 

まわりの松たちは、

必要な時、必要な分だけ

栄養を吸うことができて

マイペースですごしています。

 

だけど、いつも飢餓感を感じ続けた

【アダルトチルドレン松】はそうはいきません。

 

必要以上に、

たくさんたくさんの根

生やそうと頑張ります。

 

そして、もしも、

“ひとなみに”栄養がやってこようものならば

その量に驚いてアップアップ

栄養を受け取ることができないのです。

 

 

いかがですか?

あなたの中の

【アダルトチルドレン松】

どんなパターンを持っていそうですか?

 

 

頑張ってもうまくいかないACさんが

自分の器を広げる為には・・・

まずは、

自分を大切にする

感覚許可が必要です。

 

 

今日の記事が

頑張っても
うまくいきませんという人や

頑張りすぎて
もうくたくたです
という方に

少しでも気づきとなれば嬉しいです。

 

 

そしてね

上に書いたような

【アダルトチルドレン松】のパターンってね

 

私たちの神経の反応

無意識に起こっているんですよね。

 

 

マインドフルネスは、

この無意識のパターンに気づき

新しいパターンを、楽しみながら

つくり出していける方法です。

 

もし良かったら

一緒にゆったりと

マインドフルネスで

自己探求してみませんか?

 

今日も読んでくれて Thank you 

 

アマビエ様の編みぐるみ 編みました。
みなさまが疫病から守られますように

体験セッション

>>申し込みフォームはこちら

>>電話から申し込む TEL 090-9629-8122
セッション中でお電話に出られない場合があります。
フォームからのお問い合わせ、お申し込みをおススメいたします。

メールマガジン

↓ ボタンをクリック

記事を更新したらお知らせします。
7日間の無料メール/LINE講座プレゼント中

LINEでも受け取ってもらえます

友だち追加