毒親のバリエーション

以前の記事に(これね!

【かんしゃくもち】の整形外科医の

ことを書きました。

 

そう・・

怒りっぽい性格が災いして

奥さんに逃げられてしまった人です。

 

このお医者さんにように

社会的に成功していても、

家庭内はボロボロ(悲)みたいな人、

結構おられると思います。

 

そしてなぜそうなるのか

自分ではわからず苦しんでいる方も

たくさんいると思う。

 

で、

【なぜか人生がうまくいかない】

その原因として

幼少期の体験(毒親の影響)

の可能性がありますよ~。

というお話をしたいのですが・・・

 

 

でもね、これって、

人のことは『わかる わかるー』と思えても、

自分のこととなると、ピンとこない人も

多いかもしれません。

 

 

というのも・・

*子供の頃から当たり前になりすぎていて、

気が付かない  とか

 

*世間から身を守るために、

親の問題行為が『家の秘密』になってきた

とか・・・

 

自分のケース気づきにくいんです。

 

 

だけど・・

ただなすすべなく、困り続けるのって

しんどいですよね。

 

そこで今日の記事は、

【なぜか人生がうまくいかない】と感じて

モヤモヤしている人に、

『もしかしてこれが原因かも・・?』

気づきのきっかけになることを願って

お届けしますね。(*^^*)

 

 

というのも、

【なぜなのかが わかる】ことは

最初の一歩になると思うのです(*^^*)

 

【あーそうなのか!】とわかることで、

無意識にとっていた行動や反応に

変化が生まれますよね。

 

 

モヤモヤから抜ける時って、

ハッ( ゚д゚)ハッ! とする時だと思いませんか?

 

『え?! そういう見方(考え方)(在り方)も

あるんだーー!』って。

 

毒親のバリエーション

ここで2冊の本を参考にしながら

毒親のバリエーションを

ザ~~ッと紹介してみたいと思います。

 

1冊目は

スーザン・フォワードの『毒になる親』

この本には、毒親の種類が

7つ紹介されています。

 

もう1冊の本は

ダン・ニューハースの『不幸にする親』

こちらは精神的な面に絞って

8種類の毒親パターンが紹介されています。

 

これを参考に、

私なりにピックアップして

以下に書いてみますね!

 

もしよかったら、

ご自身の【人生がうまくいかない感じ】と、

照らし合わせながら読んでみて下さいね。

 

あ! もちろん、

ここでの目的は、

毒親を凶弾することではない。ってこと!

意識しておいて下さいね。

 

100%完全な親はいません。

そして子供側の性質によっても

受け取り方や反応は違ってきます。

 

自分の中の思い込みや、

行動(反応)パターンに気づく

きっかけとして読んでくださいね。

 

 

バリーション1
かまいすぎて子供を窒息させる親

親が常に子供の世話を焼いていないと
落ち着かないため、子供が親のために
世話をされなくてはならない対象に
されてしまう。

(子供に起こりがちなパターン)
他人との間に健全な境界線が引けない
パートナーと親密な関係が作れない
強い依存心、容姿に自信がもてない
積極性がもてない

 

バリエーション2
子供の幸せを取り上げる親

子供との交流が極めて疎遠で
子供を精神的に見捨てる親

(子供に起こりがちなパターン)
自己不振、抑うつ感、物事に期待できない
自分は愛情に欠けていて、
人からも愛されないと感じる、
人とつきあう能力の発達が遅れる

 

バリエーション3
完全主義者の親

なにごとにおいても不完全であることを恐れ、
子供にプレッシャーをかける親

(子供に起こりがちなパターン)
感情の持って行き場がない
自分がどんな人かではなく、何をしたかで
価値を得られると感じるようになる
追いかけられ強制されている感じる
後悔や自己不信に陥りやすい、抑うつ感

 

バリエーション4
カルトのような親

私は常に正しくすべてわかっているという
態度で家族をコントロールする。
思春期の子供の離反はおろか、自分と考えが
違うことすら、自分に対する個人的な攻撃と
受け止めてしまう親

(子供に起こりがちなパターン)
自分の意思で率先して行動できない
不信感が強い、逆に、すぐ信じてしまう
人とのつきあいがなく孤立する
知的発達のゆがみ、宗教観や精神性のゆがみ

 

バリエーション5
支離滅裂な親

感情が不安的で、その時の気分で
子供を叱ったり甘やかしたりする親

(子供に起こりがちなパターン)
自分や他人の感情がよくわからない
警戒心が過剰になる、
他人への信頼感がなくなる
心が休まる暇がない

 

バリエーション6
常に自分の都合を優先させる親

自分を満足させるために子供を使う親

(子供に起こりがちなパターン)
利用された気分になる
貧しい自己像を持つ、愛について誤解する
感情面で自分を大切にする習慣がもてない

 

バリエーション7
残酷な言葉で傷つける親

子供が成長して自立してくると、自分から
何かが奪われていくような不安感を覚えて
嫌味やあざけりを言い子供を辱める親

(子供に起こりがちなパターン)
神経質、自信を喪失する、
無意識に成功を避けるようになる
親をしのぐことに後ろめたさを感じる
自己評価が低い

 

バリエーション8
身体的な虐待をする親

自分自身も親から暴力を振るわれて育った
ケースが多く、自分の衝動をコントロール
する能力が驚くほど低い。
子供時代から感情的に満たされず、
大きなフラストレーションを抱えたまま
大人になった親

(子供に起こりがちなパターン)
うつ、アディクション
いつも周囲の様子を伺う
自分がいけないと感じる
他人を信頼することが困難

 

バリエーション9
責任を果たせない親

心の健康が損なわれているため、子供が
必要としていることに応えられないばかりか
自分が必要としていることを、子供に
満たしてもらおうとする

(子供に起こりがちなパターン)
気持ちを楽に暮らせる機会がほとんどない
消極的で人にゆずってばかりいる
怒りや嫌悪感をうまく表現できない

 

いかがでしょうか?

ご自分の

【なぜか人生がうまくいかない感じ】に

関係ありそうなもの、

ありましたか?

 

【なぜなのかが わかる】ことは

最初の一歩になると思います。

 

ちなみに・・・冒頭の

【かんしゃくもち】の整形外科医のケースは、

父親が4、7,8のパターンだったそうです。

そして、この整形外科医の先生は、長い間、

理由のわからない心の奥底に怒り

苦しんでいたそうです。

 

今日の記事が、

【なぜか人生がうまくいかない】と感じて

モヤモヤしている人に、

『もしかしてこれが原因かも・・?』と

気づきのきっかけになることを願います

 

そして、もし何か気づきがありましたら

是非私に

『私は5,6,7でーす』

という風に教えて下さいね!

それでは~

体験セッション

>>申し込みフォームはこちら

>>電話から申し込む TEL 090-9629-8122
セッション中でお電話に出られない場合があります。
留守番電話にメッセージを残していただければ、折り返しお電話いたします。

メールマガジン

↓ ボタンをクリック
このホームページの記事を更新したらお知らせします