親のことを、かわいそうだと
思っていませんか?

親孝行したいのに
なぜか苦しくないですか?

 

6月半ばに種まきした朝顔
さすがに遅すぎる?って心配してたけど
無事咲いてくれました

 

動画を撮ってみました。
後ろでセミが鳴いています
まぁいいかぁ

自分に向き合うきっかけ

自分のことを
アダルトチルドレンかも?
って、思ったり
親子関係に向き合う必要を感じる
タイミングっていくつかあると思います。

 

たとえば・・
*親との同居
*親の介護
*親の病気や死別

 

なかには
*娘さんや息子さんのメンタルの不調
って方もおられるかもしれない

 

他にも
*自分自身が病気になった とか
*パートナーシップでの失敗 とか
*仕事がうまくいかない とか

 

こういう時ってね

自然に・・
自分の内面に向き合い始めますよね・・。

 

あなたは、こんな感覚を
持っていませんか?

◎親のことをかわいそうだと思っている

◎親孝行したいのに、なぜか苦しい

◎いつも我慢して自分を後回しにしてしまう

◎自分の中に怒りや恨みの感情や
秘めた攻撃性があることに気づいている

今日は
そんな苦しい感覚を持っている方に
気づきを届けられたら
と願ってお届けしますね。

 

 

私が思うことは・・

この苦しい感覚の原因は

思春期の自立する時期に
安心して反抗期を経験
できていない
せいかな?

ということ

 

ある意味
親離れ、子離れ
うまくできていないというか・・・

 

あなたのお父さんお母さん
こんなタイプじゃなかった
ですか?

親が病弱だった

親が辛い目にあっていて
  精神的に不安定だった

急にいなくなってしまった
  ことがある

とか・・・よくあります。

子どもの頃に
こういう体験があるのって
とても悲しいことです。

 

まさに・・・

お母さんがかわいそう

お父さんがかわいそう

だよね。

 

子どもって、どんなに小さくても

親の役に立ちたい。
お父さん、お母さんを
助けたい!

って、思うんですよね。

 

あなたが
親をかわいそうに思う気持ちって
小さな頃の体験が発端なんですよね。

それが今現在も・・
何十年も、続いていたりしてね・・

 

 

さらに、こんなことは
ありませんでしたか?

親が周りの人を責める癖がある

親が感情的になって爆発する

周りから責められた体験がある

 

親や周りの大人が
『◎◎さんのせいで・・こうなった』と
愚痴をこぼすこと・・
ありがちですよね。

ひどい場合には八つ当たり
子どものせいにする場合も・・

 

子どもが
【お父さんがかわいそう】
【お母さんがかわいそう】と思っている所に

親が
人を責めたり、感情的になって
爆発するパターンが加わると・・

 

子どもは親の辛さを
【自分のせい】
って 思いこんでしまいます。

 

子どもに
大人の辛さの責任なんて
ないのにね。

親が自分の辛さを
【誰かのせい】にして
自分で解決しようとしないことが
根本的に問題なんだよね。

 

あなたの気持ち
ちゃんと聴いてもらえてた?

上に書いたようなお父さんお母さんは、
精神的に余裕がないんですよね。
自分のことで、精一杯で。

だから子供の頃のあなたは

気持ちを十分に聴いてもらって
安心させてもらうことも

なかったんじゃないかと思います。

そして・・
それが当たり前になっちゃてる
かもしれない。

でも、良く考えてみると
おかしいですよね
子どもの成長に大切な
安全基地がないのですから・・・

 

何かしてあげなきゃいけない

これまで書いてきたパターンのね

お父さんがかわいそう
お母さんがかわいそう

【自分のせい】かもしれない

これ・・どうなっちゃうと思いますか?

親のために
何かしてあげなきゃいけない

もう、本当に必死で!
自分の生きている意味はこれだ!
って感じで・・

あなたは心あたりないですか?

 

【何かしてあげなきゃいけない】
感覚が普通になると
あなたの行動の基準は
親が中心になってしまいます。

 

この状態のまま人生を歩んでいくと・・

*結婚しても家が中心で
 自分を犠牲にしてしまったり

*仕事しても自分は後回し
 疲労困憊してしまったり

 

されにこの状態が長年続くと・・
苦しさがつのって

怒りや恨みの感情になって
秘めた攻撃性
発展してしまったりします。

 

 

反抗期に親離れが
できていたら

記事の冒頭でね
苦しさの原因は・・・

思春期の自立する時期に
安心して反抗期を経験
できていない

親離れ、子離れが
うまくできていない

と書きましたが・・

 

❓そもそも反抗期って
❓なぜ必要だと思いますか?

 

それは
精神的な自立のため

 

子供がひとり立ちしていく過程で、

「親の価値観」から脱皮して

「自分の価値観」を確立していく

プロセスが反抗期です。

 

小さな子供の依存状態から自立して
親の支配から自由になり
1人の人間として成長する大切な期間です。

 

この反抗期のプロセスで
子どもは、親とは違った自分自身の

【価値観】

大切なもの や 望むもの

を知って、
それを手に入れるために
どうすれば良いかを学んでいくんですよね。

自分軸になるって
根本的にはそういうことです。

 

でもね

お父さんがかわいそう
お母さんがかわいそう

【自分のせい】かもしれない

親のために
何かしてあげなきゃいけない

のプロセスを歩んでしまった人は・・・

「自分の価値観」を確立する
反抗期の段階を充分に経験できていないんです。

 

じゃあ、どうやって
癒えていくの?

あなたは自由に生きていい 

まず
お父さんがかわいそう
お母さんがかわいそうと
頑張り続けている
チャイルドを解放してあげないと!
ですね

 

自由に生きていい。
あなたの人生を
生きていい!!

セッションではそんな言葉を
よくかけさせていただいています。

 

【自分のせい】を見直してみる

自分では気づかない深い部分で
自責の念を抱えておられる人も多いです。

 

そういう時はマインドフルネスが
とても役に立ちます。

ゆっくりと内面に降りていって
【自分のせい】って思っている感覚に
アクセスしながら・・

 

それって・・
本当のことじゃないよね?

あなたが悪いんじゃないよね?

そんな風に言葉をかける実験を
させていただくこともあります。

 

あなたの感情
あなたのニーズは大切です
お父さんがかわいそう
お母さんがかわいそう

【自分のせい】かもしれない

親のために
何かしてあげなきゃいけない

となってしまうと・・・

自分は後回しになってしまいますよね。

本当はそうじゃない。

あなたの感情や
あなたのニーズはとても大切

これを頭のレべルではなくて
体感のレベルで感じることが
癒しの鍵になると思います。

 

今日の記事が
苦しい感覚を持っているあなたの
気づきとなっていたら嬉しいです。

今日も読んでくれて Thank you 

 

ほんのりピンクの朝顔も咲いてます

 

体験セッション

>>申し込みフォームはこちら

>>電話から申し込む TEL 090-9629-8122
セッション中でお電話に出られない場合があります。
フォームからのお問い合わせ、お申し込みをおススメいたします。

メールマガジン

↓ ボタンをクリック

記事を更新したらお知らせします。
7日間の無料メール/LINE講座プレゼント中

LINEでも受け取ってもらえます

友だち追加